水虫

画像

画像

水虫とは?

水虫は白癬菌というカビによる感染症です。水虫の症状としては、足の指の間がカサカサになったりジクジクしたり、場合によっては足の裏の痒みを伴う小さな水ぶくれができます。また、かかとなど足の裏の皮膚が厚くなり、ひび割れや、白く粉をふいたようになるなどの症状も見られます。一般的に水虫は梅雨の時期から増え始め、6~8月の蒸し暑い時期にもっとも多くなります。プールの足ふきマットやご家族に水虫の方にがいらっしゃるとお風呂マットなどから感染することもあります。

診断には皮疹部の皮膚・爪の切片を採取し、顕微鏡で白癬菌がいることを確認することが必要です。

当院の水虫治療

当院では、足白癬(水虫)の治療は抗真菌剤の外用を行います。水虫菌は実際に症状の出ない所にもいる場合があります。症状がある部分だけでなく、指と指の間や場合により足の裏全体に、広く隙間無く塗ることをおススメします。万全を期するなら症状が片足のみの場合でも、潜伏している可能性がありますので、両足に塗ってください。外用開始後1~2カ月ぐらいで、普通のタイプの水虫では症状が消失していきますが、症状が消失してから、さらに1~2カ月治療を行い根治を目指します。

また白癬菌は爪が白く濁り、厚くなります。治療は抗真菌剤の内服・外用を行います。抗真菌薬の内服は、肝機能障害のある方はできません。また他の薬との飲み合わせがあるため、普段飲んでいる薬がある方は、必ずお伝えください。外用薬は、爪白癬治療専用の爪外用液を処方します。

水虫対策

通気性の悪い靴を長時間履いている方など白癬菌が繁殖しやすい環境にある方が感染しやすくなります。常に清潔で綺麗な環境を整えましょう。

QOL(Quality of life)の向上

当院には水虫があることで、靴を脱ぐのが恥ずかしい、水虫が気になって仕事に集中できないなどお悩みを抱えた方がたくさん来院されます。早期に治療を行い、しっかり治療することで日常生活や仕事などの質も向上させることができます。水虫でお悩みの方は一度当院へご相談ください。